サイトへ戻る

野田琺瑯のバターケース

· 環境に配慮した商品,エシカルな商品

脱プラスチックを少しでも進めようと、

本体が琺瑯、蓋が木製のバターケースを購入しました。

憧れていた野田琺瑯(ほうろう)のもの。

写真右下はこれまでよく買っていたバターの、プラスチック容器。

以前、民藝運動に関心を持ち、東大近くの日本民藝館を訪問したり

様々な本を読んだりしていました。

“用の美“ 日常の美しい道具。柳宗理デザインのモダンさ。

そうした流れから、いつかは買いたいと憧れていたのが野田琺瑯です。

琺瑯は、金属の表面にガラス質の釉薬を焼きつけたものだそう。

何と紀元前の古代エジプトでも、似たようなものが作られていたとのことで

人間が道具として使ってきた歴史は、驚くほど長いもののようです。

道具は人の手だすけになり、心がやすらぎ 安心して使えるものでなければならないと考えています。野田琺瑯 Websiteより

野田琺瑯が民藝運動の中にあるかどうかはともかくも、

手仕事の物を愛でる、ということ。

今は、どうしてもっと早く買わなかったのかと思わされています。

“脱プラスチック“が楽しくなってきました。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK